小規模 ヘアサロン 経営

小規模ヘアサロンを経営する場合、価格勝負はできない?

 

少人数でお店の規模も小さいヘアサロンを経営していく場合、低価格を売りにすることはできるのでしょうか?

 

結論から言うとなかなか難しいでしょう。

 

今回は小規模ヘアサロンがなぜ価格勝負ができないのかを解説していきます。

 

お客さんが定着しない

 

低価格でお店を選ぶお客さんにとって、お店選びで重要なのは価格の場合がほとんどです。

 

なので、

 

もし自分のお店の近くに低価格のお店ができたらそっちに移ったりして、イタチごっこのような感じになります。

 

また、こちらが何かしらサービスをしたり、提案したりしてもそこに価値を見出してくれない場合が多いので、

 

付加価値を付けて定着率を上げるという戦略があまり効果がありません。

 

客単価が低い

 

当たり前のことですが、低価格のお店にするということは客単価が下がります。

 

技術売上=客単価×客数

 

なので、

 

客単価が下がれば客数で稼がないといけないのですが少人数で運営しているお店は限界があり、しんどいです。

 

価格が安いから来ているお客さんにとって、トリートメントのような施術時間が比較的短いけど単価が高い、

 

いわゆるおいしいメニューはあまり興味が無いです。

 

アプローチしても反応が悪いのもイタイところです(笑)

 

売上をみると忙しいわりにあんまり儲かってない?って感じることもあります。

 

まとめ

 

この2つが低価格の小規模ヘアサロンにとって大きいデメリットです。

 

流れとしては

 

お客さんが定着しない。

 

 

費用を捻出して集客をする。

 

 

客単価が低いので売上が思ったほど伸びない。

 

という感じです。

 

やっていけなくはないでしょうが、しんどい経営を続けないといけません。

 

低価格ヘアサロンの経営は資本があり、スタッフを沢山雇うことができ、

 

宣伝広告費をかけることができる規模の大きい美容室、多店舗展開の美容室に向く薄利多売の戦略と言えるのではないでしょうか。

 

関連記事