美容室 オープン スケジュール

美容室のオープンまでの具体的なスケジュールはどんな感じ?

 

美容院をオープンさせることは決めたけど実際に何をどういう手順でしていけばいいのかは分からない・・・。

 

という人は多いんじゃないでしょうか?

 

この記事では美容室をオープンさせるまでのスケジュールを出来る限り具体的に解説していきますね!

 

オープンまでのスケジュール

1 コンセプト設計

 

まずはお店のコンセプトを決めます。

 

コンセプトとは

 

「誰に何を提供するのか。」

 

ということです。

 

つまり、

 

  • 「誰に」⇒ターゲットにする客層を決める。
  •  

  • 「何を提供するのか。」⇒どんな技術やサービスを提供するのか決める。

 

となります。

 

これらが明確に設定できていないと物件選びや内装工事などがが的確に行えず、

 

お客様がお店の価値を見出しづらく定着しないなどの問題が出てきます。

 

なので、

 

お店のコンセプトを明確に設定するのはめちゃめちゃ重要だと思ってください。

 

2 立地選定&市場調査

 

コンセプトが明確に設定できれば次は立地選定市場調査です。

 

立地選定とは出店するエリアを決めることです。

 

あなたのお店のコンセプトに合うエリアを選びましょう。

 

市場調査では選定した立地があなたのお店がターゲットにする客層とマッチしているかを調査します。

 

調査の方法としては実際にそのエリアに足を運んでみて美容院や雰囲気をチェックしたり、

 

その街を管轄する役所に足を運び、人口統計資料地域マップを見に行くのもいいでしょう。

 

人口統計資料には地域ごとの年齢別、性別人口や世帯数などが載っているので、ターゲット層にマッチしているか参考データにできます。

 

また、

 

調査した結果、あまりにもお店のコンセプトからかけ離れている場合はエリアを変更するほうがいいかもしれません。

 

3 開業資金計画書の作成

 

開業する上でお金をどうやりくりするのかを計画して書類を作成しておきます。

 

ここが曖昧だと資金が足りないなどの問題が出てきます。

 

作成しておきたい計画書としては

 

  • 収支計画書
  •  

  • 資金計画書
  •  

  • 実行予算計画書

 

の3つです。

 

収支計画書

 

お店を経営する上で月間の収支がどのくらいになるのかある程度予測をしておきましょう。

 

月間売り上げ予測(目標)月間経費予測を計算してあなたが理想とする利益があがるように計画しましょう。

 

資金計画書

 

あなたが準備できそうな資金を計算しましょう。

 

自己資金出資金、借入金などの準備できる資金がどのくらいなのか計算して書類にしておきます。

 

この資金を元手に実行予算を決めていくことになります。

 

実行予算計画書

 

開業を実行する上で必要な予算を計算しておきましょう。

 

大きく分類すると

 

  • 不動産物件取得費
  •  

  • 開業準備金
  •  

  • 運転資金
  •  

  • 美容機器代
  •  

  • 店舗デザイン費
  •  

  • 店舗工事費

 

をリサーチして計算しておきます。

 

準備できる資金を上回るようであれば見直す必要があります。

 

4 物件選び

 

お店のコンセプトやターゲットにマッチする物件を選びに行きます。

 

コンセプトが明確であればあるほど理想とする物件はみつかりにくい確率は高くなるので、

 

こだわる方はじっくりと探すのもアリです。

 

計画した予算内を前提にして選ぶようにしましょう。

 

5 資金借り入れ申込書の作成&申請

 

自力で賄えない資金は国民生活金融公庫や銀行からお金を借りる必要があります。

 

その際に申し込み書類を提出しないといけないので作成し、申請します。

 

また、

 

物件契約の書類がないと審査してくれない場合が多いので契約書は必要なのですが、

 

借入審査に落ちた場合は家賃が払えないなどの金銭トラブルが起きるので、

 

とりあえずは融資用の契約書を用意してもらい正式な契約は融資がおりた後にするように大家さんに交渉しておきましょう。

 

6 店舗デザイナーと打ち合わせ

 

お店の内装などのデザインを店舗デザイナーと打ち合わせして決めていきます。

 

工事業者にデザイン設計から施工まで一括して任せることも可能ですが、設計と施工を並行してされる場合も多いので、

 

デザイン面で自分のイメージと違ったものになることがあります。

 

なので、

 

きちんとしたデザインの内装にしたい場合は店舗デザイナーに設計は依頼して施工は工事業者に依頼するようにしましょう。

 

7 工事業者と契約・施工〜完成

 

工事業者と契約して、お店の工事を施工してもらいます。

 

デザイナーに工事業者の予算や施工に関することを監理してもらいトラブルに対応してもらいお店作りをしていきましょう。

 

8 美容機器、備品類の調達

 

お店で必要になる機器や備品を調達します。

 

とりあえずはお店を経営していく上で絶対必要なものと必要優先度の高いものを調達しましょう。

 

開業することが決まったら暇なときにでもリストを作成しておくといいでしょう。

 

また、

 

中古品を販売している業者なども積極的に活用して、少しでもお店の運転資金に回すなどの工夫をしておく方が安心です。

 



 

9 ついにオープン!

 

ついにオープンです!

 

お疲れさまでした!

 

オープンまでの具体的なスケジュールはこのような感じです。

 

他にも保健所などのさまざまな機関への届け出などが必要ですがここでは割愛させていただきました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事