美容室 再来店率を上げる

美容室の再来店率を上げるのは技術ではなくユーザビリティ?

 

みなさんは初めて美容室に行く時、どんな心持ちで行きますか?

 

こんなスタイルにしてもらおう!

 

というよりは

 

この店は大丈夫かな〜?

 

というようにポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が強いのではないでしょう?

 

これは人間は心理的に自己防衛本能がはたらき、

 

得をしたいという感情よりも損をしたくないという感情の方が強いといわれているからです。

 

ということは様子見姿勢な人が多いと考えられます。

 

なので、

 

初来店のお客さんにビミョーと思われたら再来店は厳しいです。

 

(お客さんからしたら今は美容院が多すぎて選びたい放題というのもありますが・・・)

 

で、

 

技術に関してですが今まで普通にアシスタントを経てスタイリストになり、ある程度経験を積んだ人なら問題はないですよね?

 

つまり、

 

美容師歴8年の人の技術と美容師歴10年の人の差って素人のお客さんは感じることができないと思いませんか?

 

(対象のスタイルが歴8年の人は苦手で歴10年の人は得意だったりすると分かりませんが・・・)

 

ということはお客さんは技術以外でも再来店する参考材料にしている人は多いはずです。

 

なので、

 

これからは特に技術以外で他のお店と差をつけることがポイントになってくると思います。

 

ユーザビリティで差をつけていこう!

 

ユーザビリティとはそのお店の利用のしやすさを意味します。

 

つまり、

 

利用しやすいお店作りを心がけていくことで、再来店率を上げることにつなげていきます。

 

  • アクセスが便利
  •  

  • キッズスペースがある
  •  

  • 待ち時間が無い
  •  

  • 早朝や夜遅くまで営業している
  •  

  • ネットでいつでも予約できる

 

といった技術外のサービスで差をつけていくということです。

 

アクセスが便利だったりキッズスペースがあるお店は立地条件と物件条件が左右するので改善が難しいですが、

 

待ち時間を極力出さないようにすることはスケジュールを管理、シュミレートすることで改善できる点も出てきます。

 

お店の営業時間はあなたのライフスタイルにもよりますが、客足を見て変更するのもアリでしょう。

 

ネットから予約できるシステムはホットペッパーやエキテンなどのWEBサービスと契約するかお店のホームページやSNS、LINE@のサービスを活用してできるようにしておくことができます。

 

技術だけに目を向けるのではなくユーザビリティにも目を向けることで再来店率や集客が改善し、売上アップにつながることもあるので1度見直してみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

エキテン 登録 美容院 美容室

 

関連記事