美容室のチラシを作成する前に確認したい3つの注意点

 

チラシを配布して集客する場合、
大して工夫もせずに配布しても効果は期待できません。

 

集客できなければ、ただただ経費を圧迫するだけなので
効果を出来る限り出すため、作成する前に注意したいことを解説していきます。

 

ネットをあまり活用しない高い年齢層にアプローチする

 

高い年齢層の人はインターネットをあまり活用しない人も多いです。
そういった人たちの情報源はテレビや新聞、雑誌などの従来型のマスメディアです。

 

なので、

 

普通にポスティングするだけでなく、
新聞折り込みを利用して配布するのも効果が期待できます。

 

チラシのデザインに関しても
シニアのモデルさんを起用するなどすると親近感を抱いてくれるので、
来店が期待できます。

 

また、

 

高い年齢層の人たちは加齢により
髪や頭皮に悩みを抱いている人が多いです。

 

どんな悩みを抱いていて、それを解消してあげるサービスを提供できないかを考えて
作成して内容面でもアプローチしていきましょう。

 

お店のコンセプトによっては高い年齢層を
ターゲットにしていない美容室ももちろんあると思います。

 

若年層をメインターゲットにしているお店の場合は
資金に余裕があればするか、キャンペーンなど限定的に活用する感じでいいかと思います。

 

お店の商圏を調査して配布する

 

商業施設や商店には商圏と言われる
そのお店が潜在的に集客できる範囲があります。

 

事業の種類や立地条件などによってかなり差はありますが、
美容室の場合は

 

  • 徒歩で来店 半径500メートル
  •  

  • 自転車で来店 半径1キロメートル
  •  

  • 自動車で来店 半径3キロメートル

 

このぐらいがそのお店の商圏だといわれています。

 

なので、

 

配布エリアを広げたからといって
集客できるわけではないですし、

 

お店に駐車場が無かったり、近くにコインパーキングが無かったりしたら
商圏は駐車場を持っているお店よりも狭くなります。

 

自分のお店の商圏はどのくらいなのかを理解したうえで
集客戦略を立てていきましょう!

 

イベントやキャンペーンなどの告知に使う

 

例えばお店で何かキャンペーンなどのイベントをするとしましょう。

 

そのことをホームページに載せたとしても
アクセスしてくれないとその情報は伝わりませんよね?

 

※SNSを活用して伝える場合、フォローしてくれている人たちには伝わります。

 

そこで、

 

チラシを配布して宣伝すると
家に確実に届くわけですから伝える事はできますよね?

 

(ポイされるかは分かりませんよ!笑)

 

なので、

 

イベントなどを活用して集客したい場合(特に新規)は
チラシを活用して宣伝するほうがネットを活用するよりも効果があると考えられます。

 

 

 

これら3つの注意点を抑えて
出来る限り費用対効果の高いチラシを活用した集客を行っていきましょう!

 

関連記事